Loading...
日本最大級のレコード販売サイト 、モータウンのレコード買うならサウンドファインダー
 ビートルズやローリング・ストーンズが憧れ、日本を含む世界の音楽に影響を与え続けているモータウン。愛称はヒッツヴィルUSA。米ミシガン州デトロイトの西グランド通り2648番地にある一軒家を拠点に、若者に向けたポップな音楽を発信し、アメリカン・ドリームを実現させた。
 創設者はベリー・ゴーディJr.。1959年、家族から借りた800ドルを資金にタムラ・レーベルをスタートさせ、モータウンの歴史は幕を開けた。その黄金期を彩ったのは、ミラクルズ、テンプテーションズ、ダイアナ・ロス&スプリームス、フォー・トップス、スティーヴィー・ワンダー、マーヴィン・ゲイ、ジャクソン5といったスターたち。ダンスやエチケットも含め徹底した管理体制を敷き、全米No.1ヒットを連発していく様は、かつてゴーディが働いていた自動車工場の組み立てラインをヒントにしていた。特にクオリティ・コントロールと呼ばれた品質管理会議は、ソングライターやプロデューサーたちの競争心を煽り、ブランドに磨きをかけていく。
 一方で苦難にも直面した。人種差別や暴動、作家の離脱。それでも、人種や性別に分け隔てのない社風同様、モータウンの音楽には分断した社会をひとつにする力があった。やがて反戦などの社会的メッセージを含んだ革新的な楽曲も登場。キング牧師とも親交を深めたレーベルには、後にネルソン・マンデラやオバマ元大統領も敬意を表すことになる。
 『メイキング・オブ・モータウン』は、映画ビジネスに参入すべくLAに本社を移すまでの歴史や名曲誕生秘話を、創設者のゴーディが親友にして戦友のスモーキー・ロビンソンと旧交を温めながら説き明かしていくドキュメンタリー。関係者や著名人の回想や証言も交えた貴重なエピソードの数々。これは引退を表明したゴーディが初めて語る創業一代記であり、20世紀に最も影響力を持った独立レーベルの正史である。
1959
ベリー・ゴーディがデトロイトにタムラ・レコードを設立
マーヴ・ジョンソン「Come To Me」がタムラ第一号シングルとして発売
1960
ジョン・F・ケネディ大統領当選
バレット・ストロングのシングル「Money」(59年)が初の全国ヒット
スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズ「Shop Around」が大ヒット(R&B1位/ポップ2位)
1961
マーヴェレッツ「Please Mr.Postman」がモータウン初の全米1位
スティーヴィー・ワンダーが11歳でモータウンと契約
1962
キューバ危機
マーヴィン・ゲイが「Stubborn Kind Of Fellow」でR&Bシンガーとして躍進
モータータウン・レヴュー開始
ゴーディ、VIP、ワークショップ・ジャズ、メロディなどのサブ・レーベル発足
1963
ケネディ大統領暗殺/ワシントンDC大行進
ホーランド=ドジャー=ホーランド作のマーサ&ザ・ヴァンデラス「(Love Is Like A)Heat Wave」が大ヒット(R&B1位/ポップ4位)
キング牧師の演説アルバムを発売
ホーランド=ドジャー=ホーランドが制作チームとして躍進
スティーヴィー・ワンダーが「Fingertips(Part2)」でポップ/R&B両チャート1位を獲得
1964
1964年公民権法
スプリームス「愛はどこへ行ったの(Where Did Our Love Go)」が全米1位
スプリームスが「エド・サリバン・ショー」に出演
テンプテーションズ、フォー・トップスが初の全国ヒットを飛ばす
メアリー・ウェルズ「My Guy」がヒット、その後モータウンを退社
1965
マルコムX暗殺/血の日曜日事件
テンプテーションズ「My Girl」が全米1位
スプリームスがNYの高級クラブ「コパ」に出演
イギリスにタムラ・モータウン支社が発足
1967
デトロイト暴動
ノーマン・ホイットフィールドやアシュフォード&シンプソンら裏方の新勢力が活躍
1968
キング牧師暗殺/ロバート・ケネディ暗殺
テンプテーションズ「Cloud Nine」がヒット(R&B2位/ポップ6位)
サイケデリック・ソウルとして知られるようになる
デトロイト・オフィスをウッドワード通り2457番地の新社屋に移す
1969
アポロ11号で人類初の月面着陸/ウッドストック・フェスティヴァル開催
ダイアナ・ロスがスプリームスを脱退
ジャクソン5がメジャー・デビュー
1970
ビートルズ事実上の解散
ダイアナ・ロスがソロとして再出発、「Ain’t No Mountain High Enough」が全米1位に
傘下にブラック・フォーラム・レーベルが発足
エドウィン・スターの反戦歌「War」が全米1位に
1971
ニクソン・ショック
マーヴィン・ゲイがアルバム「What’s Going On」を発売
スティーヴィー・ワンダーが契約を更新し、セルフ・プロデュース権を獲得
新生スプリームス誕生
西海岸にモーウェスト・レーベルが誕生
1972
ウォーターゲート事件
本社をLAへ移転
ダイアナ・ロス初主演映画『ビリー・ホリデイ物語 奇妙な果実』(72)全米公開
コモドアーズが入社(モーウェストと契約)
ベリー・ゴーディ
モータウン・レコードの創設者。音楽エグゼクティブ、音楽プロデューサー、ソングライター、そして映画・TVのプロデューサーでもある。モータウン・レコードは歴代で最も成功を収めた音楽レーベルの一つであり、これまでに設立されたアフリカ系アメリカ人の事業体として最高収益をあげる会社の一つとなっている。
スモーキー・ロビンソン
シンガー、ソングライター、音楽プロデューサー、そしてモータウン・レコードの元副社長。ポップ界にセンセーションを巻き起こしたグループ、ミラクルズを結成し、フロントマンを務めた。また、ミラクルズの音楽もプロデュースし、26曲をトップ40に送り込む快挙を成し遂げた。
ジョン・レジェンド
シンガー、ソングライター、プロデューサー、俳優。素晴らしい歌唱力と曲作りの才能で有名。音楽界のビッグネームたちとコラボレーションしている。グラミー賞10冠に輝くだけでなく、エミー賞、グラミー賞、米アカデミー賞®、トニー賞を獲得したエンタメ界のEGOT(万能の天才)。
ブライアン&エディ・ホーランド
ソングライター兼プロデュースチーム。ホーランド兄弟と彼らの作り出す楽曲は、1960年代、モータウン・サウンドの確立に貢献した。「恋はあせらず」は、スプリームスの代表的なヒット曲となった。また、彼女たちのナンバーワン・ヒット12曲のうちの10曲を手がけるという偉業を成し遂げた。
ドクター・ドレー 
ラッパー、音楽プロデューサー。ラップグループ、N.W.A.のメンバーとして最初に有名になった。その後、ソロアーティストとして大きな成功を収める。グラミー賞受賞経験をもつ。アフターマス・エンターテインメントとビーツ・エレクトロニクスの創始者兼最高経営責任者である。
ニール・ヤング
カナダ出身のシンガーソングライター。バンド、バッファロー・スプリングフィールドとクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングのメンバーとして知られ、ソロ活動も精力的におこなった。複数のグラミー賞を受賞し、ロックの殿堂入りも果たしている。ローリング・ストーン誌が選ぶ「歴史上最も偉大な100人のシンガー」の一人として世界中に知られている。
ラモント・ドジャー
最も成功を収めるアメリカ人ソングライターの一人。エディ、ブライアンとともに有名なトリオ、ホーランド=ドジャー=ホーランドを結成。このトリオはモータウン社の成功に大きな貢献を果たした。モータウンの本拠地デトロイトで生まれ育つ。スプリームス、フォー・トップス、アイズレー・ブラザーズ、マーサ&ザ・ヴァンデラス、マーヴィン・ゲイたちの数多くのヒット曲を世に送り出した。
ジェイミー・フォックス
俳優、シンガー、ソングライター、音楽プロデューサー。高評価を得た『Ray/レイ』(04)で演技と歌唱力を融合させ、米アカデミー賞®、ゴールデングローブ賞、英アカデミー(BAFTA)賞を受賞。また、カニエ・ウェストの曲「Gold Digger」でコラボし、レイ・チャールズの「I Got a Woman」に影響を受けたパートを担当した。
マーサ・リーヴス
モータウンの女性だけのグループ、マーサ&ザ・ヴァンデラスの元リードボーカル。「Nowhere To Run」「Heat Wave」「Dancing In The Street」など多くのヒット曲を送り出した。音楽業界でのキャリアの後、ミシガン州デトロイト市の市議会議員に選出された。
スティーヴィー・ワンダー
シンガー。弱冠11歳にしてモータウンのタムラ・レーベルと契約を結んだ。13歳でU.S.ビルボード・ホット100の1位を獲得した最年少アーティスト。モータウンで最も有名な曲を送り出してきた。60年近いキャリアを誇り、歴代最高売上をあげるアーティストの一人である。
メアリー・ウィルソン
スプリームス創立メンバーの一人。1961年にモータウン・レコードと契約した。スプリームスの人気はビートルズと並ぶほどの勢いがあり、次世代のR&Bやソウル・シンガーたちの道を開いた。これまでで、アメリカで最も成功したボーカルグループである。
ヴァレリー・シンプソン
大きな成功を収めるソングライター。夫の故ニコラスとともに有名デュオ、アシュフォード&シンプソンを結成した。二人はポップ界とR&B界で最大のヒット曲を複数リリース。また、モータウンのアーティスト、マーヴィン・ゲイとタミー・テレルのデュエット曲「Ain’t No Mountain High Enough」「Your Precious Love」「Ain’t Nothing Like The Real Thing」など多くのヒット曲を提供した。
ジャクソンズ
アメリカで最も有名なファミリーであり、歴史上最高売上を誇るグループの一つ。彼らのパフォーマンスを見たベリー・ゴーディと契約を結んだ。ジャクソン5として知られ、世界中で1億枚以上を売り上げている。現在のメンバーは、ジャッキー・ジャクソン、ティト・ジャクソン、ジャーメイン・ジャクソン、マーロン・ジャクソン。
オーティス・ウィリアムス 
バリトン歌手。テンプテーションズの創立者であり、最後まで残るオリジナルメンバーである。テンプテーションズは60~70年代後半までモータウン・レコードと契約し、一時期移籍したが、80年代にモータウンに戻った。独特のスタイルとダンス、そしてハーモニーで知られる。数千万枚のレコードを売上げるR&Bとソウルミュージックのパイオニアである。




ベンジャミン・ターナー監督
弟ゲイブ・ターナーとともに監督した『In The Hands of the Gods』(07・未)で注目を集めた。ベンジャミンの寝室で編集されたこの作品は、ライオンズゲートより劇場公開され、高い評価を受けた。本作のほかに、英国初の黒人サッカー選手ローリー・カニンガムについてのITV放送のTVドキュメンタリー「First Among Equals: The Laurie Cunningham Story」(13・未)、ユニバーサルのヒットドキュメンタリー『クラスオブ92』(13・未)、ユニバーサルのドキュメンタリー『アイ・アム・ボルト』(16・未)などの監督を務めている。 ワン・ダイレクションのミュージックビデオ「Drag Me Down」でブリット・アワードを受賞。この作品は、YouTubeで視聴回数8億回以上を記録する大ヒットとなった。最近、Netflixのヒットシリーズ「Sunderland ‘Til I Die」(18)で製作総指揮を務め、今年4月にはシーズン2もリリースされた。
ゲイブ・ターナー監督
高い評価を受けたライオンズゲートのドキュメンタリー『In the Hands of the Gods』(07・未)で兄ベンジャミンと共同監督を務め、キャリアをスタートさせた。本作以外にターナー兄弟が共同監督を務める作品には、ガーディアン紙が「歴代最高のスポーツドキュメンタリー」と称するユニバーサルのドキュメンタリー『アイ・アム・ボルト』(16・未)などがある。
また、アップル、サムスン、日産、ホンダ、オーデマ・ピゲ、SK-II、キューリグなど世界的なブランドのコマーシャル作品を手掛けている。さらに、ソニーやユニバーサルのデミ・ロヴァート、ワン・ダイレクションといったアーティストのミュージックビデオも多数製作している。ベンジャミンと共同監督を担当したワン・ダイレクションの「Drag Me Down」でブリット・アワード最優秀英国人アーティストビデオ賞を受賞した。
僕の心に火をつけた。
このカオスの中で燻る種火、そして夜明けに向かって強く宿す炎。
音楽の可能性は無限なり。
久保田利伸
ミュージシャン
世界中の人たちにブラック・ミュージックの素晴らしさを知らしめたモータウン。
名曲の数々が生まれたその物語を主人公たちの話で聞くとますますリアルに響きます。
これこそマジックです。
ピーター・バラカン
ブロードキャスター
これはやばい!
たっぷり聞いてきたモータウンサウンズの極意がたっぷり詰まっている。
制作の枠組み骨組みのパターンを作ることで、歌手の個性を消すのでなく
歌手の個性を明確にするという技法が使われてることが解読されている。
僕のやってきたプロデュースワークも知らない間にこの手法を使っていた、
と、勝手に納得させてもらっておく(笑)。
つんく♂
総合エンターテイメントプロデューサー
人々の歴史と、信念。そこで生まれる新しい発想と革新的な音楽。
鳴っている名曲たちはひとつも色褪せることなく、むしろこの時代に鋭く響き、僕たちに力をくれる。
現代において、僕らが観るべき“音楽ドキュメント”という枠を飛び越えた、素晴らしい作品。
ハマ・オカモト
OKAMOTO’S
モータウンは商業主義的だ、という批判に対して、「それでも好きなモータウン」という屈折を抱えてきた人は、その種明かしのようなこの映画に、一種の解放感を覚えるだろう。なぜならここには、紛れもなくクリエイティヴな熱気があるから。〝音楽映画〟であるのと同時に、〝起業家映画〟でもある。活力が漲っている。
平野啓一郎
小説家
様々な形で描かれてきたモータウンの歴史だが、
レコードビジネスのミラクルは、
決して自然発生的なものではないと
ベリー・ゴーディは教えてくれる。
ゆるがぬゴール、考え抜かれた作戦と、
たゆまぬ努力が才能と成功を引き寄せる。
そして、共に働く仲間への最大限の敬意。
「人は車ではない」という言葉にたどり着くまでの道のり。
過去にレコード会社で働いていたことのある
身としては、うらやましくて仕方がなかった。
ジェーン・スー
コラムニスト
成功の秘密、そして、音楽と社内との関係を描いた素晴らしい作品。
“本物の才能”の物語に、僕は平伏し、あなたは歓喜する筈だ。
沖野修也
Kyoto Jazz Massive/選曲家
かの究極・モータウンが、ようやくリアルに自分の中で腑に落ちました。
納得、衝撃、感動、涙。社会/人権への意識。さらに気合も注入。
ちなみに、ラストを飾るモータウン社歌は悶絶級につき必聴!
DJ JIN
RHYMESTER,breakthrough
これが驚くべきモータウンだ!
ビートルズが大尊敬するスモーキー・ロビンソンの生の息づかい、ダイアナ・ロスの胸をエグルようなたたずまい、全てが貴重映像で初めて体験するリアル60年代、デトロイト!見ないと一生の損!
サエキけんぞう
作詞家・アーティスト
ザ・サウンド・オブ・ヤング・アメリカにみなぎる躍動と輝き、その光と影。人種間の扉を音楽で開いていった夢の工場。
多重録音されていく「What’s Going On」が今Black Lives Matterの聖歌のように響く。
橋本徹
編集者/選曲家/カフェ・アプレミディ店主
「決定的な一曲」を生み出すことにこだわり続けたヒッツヴィルの哲学が、設者当人の口から明かされる興奮。
我々がモータウンから学ぶべきことは、まだまだたくさんある。
高橋芳朗
音楽ジャーナリスト
時代を超えて愛される音楽を数多く生み出したMOTOWNの舞台裏には、デトロイトならではの自動車産業のシステムの導入があったとは!
それにファミリービジネスの愛と助け合いの精神を組み合わせた、才能を埋れさせない経営哲学。そしてビリーとスモーキーの審美眼。
成功の裏にはちゃんと理由があった。
社長
SOIL&”PIMP”SESSIONS
アフリカ系アメリカ人所有のレコード会社として、もっとも成功した企業であり続けたモータウン。
その驚異的なヒットと洗練されたサウンドは、ときに白人に媚びた音楽であると批判の対象にもなった。
アフリカ系アメリカ人の音楽(文化)と闘争(政治)はどのような関係にあるべきなのか。
企業のブランドとアーティストの個性はどちらが優先されるべきなのか。
このドキュメンタリーにはマイノリティーとアートをめぐるすべての議論が描かれている。
ブラック・ライヴズ・マター運動が世界を揺るがす今こそ、全音楽ファン必見の作品!
大和田俊之
アメリカ文学者、ポピュラー音楽研究者
ヒット・ソング・ファクトリーの工場長、ベリー・ゴーディJr.は大饒舌。
知らない話の連発で早く皆にバラしたい。
合議と独裁、理詰めとカン・・・これがヒットの大原則。
ゴーディさん、あなたは偉大な音楽家です。
宮治淳一
ラジオ・ディスク・ジョッキー
ヒットを繰り返す魔法の仕組みとは?
これを観れば何もかも分かる。
中野充浩
東京ポップカルチャー研究家
「俺をぶっ倒してみろ!」と
社員に喧嘩を売るゴーディにマジ惚れた。
岡田敏一
産経新聞大阪本社文化部編集委員
敬称略・順不同